ノート on iPad

20150425a

iPadでノート取れるようになったかな、と久しぶりに思い立ち、
iOSのNoteshelfというアプリと
Jot Pro 2.0というスタイラスでトライしてみた。

2〜3年前に検討したときのiPadでノートを取ろう計画の満足度は10/100点。
まず、細い字がかけるようなスタイラスはなかった(と思う)し、
アプリの筆記入力に対するレスポンスも遅すぎた。

けど、今回は、及第の60点くらい。自分的には、実用できるレベルになった。
細い字も描きやすいし、入力レスポンスもかなり早くなった(若干ディレイがある)。

次の2〜3年は、レスポンスの高速化と、スタイラスの軽量化に期待!

Inverse-Wishart分布からInverse-Gamma分布への還元

Wishart分布がGamma分布の多変量拡張なので、Inverse-Wishart分布からInverse-Gamma分布への還元が成立するのは当然なのだが備忘録として、この変形を残しておく。

IW2IG

詳細はこちら

変形するとわかるが、Wishart分布とGamma分布では有効観測数(degree of freedom)の重みが2倍違っている。
つまり、同じ有効観測数のpriorを考えたときに、Inverse-Wishart分布のpriorとしての重みは、Inverse-Gamma分布のpriorとしての重みよりも小さい。


同じ有効観測数なのにと思って使っていたら、Wishart分布の挙動が不安定すぎて気づいた事実でした。